プラセンタ注射の頻度とは?打ちすぎると副作用がある?

美容注射

プラセンタ注射って知っていますか?

最近話題になっているものですが、今回はこのプラセンタ注射はどのくらいの頻度で受ければいいのか書いていきますよ!

ぜひ知識として目を通してみてださいね♡

プラセンタ注射の種類は?

美容注射
ではまず本題に入る前にプラセンタ注射の種類を確認しておきましょう!

プラセンタ注射で使われるプラセンタはヒトプラセンタで人の胎盤から抽出したものを使います。

ヒトプラセンタは医療用でしか認めてられていません。

そして日本にあるヒトプラセンタは全部で2種類あります。

①ラエンネック

ラエンネック
出典 : http://amaiame.com/
まず一つ目はラエンネックになります。

ラエンネックは、株式会社日本生物製剤が製造から販売しているプラセンタになっています。

この日本生物製剤しか作ることを許可されていません。

分子分画法という特殊なフィルターをつかった抽出方法で、プラセンタの大事な成分の成長因子(若返りの成分)が壊されずに抽出できるので、効果をしっかり実感できます。

②メルスモン

メルスモン
出典 : http://www.medicli.com/
60年の歴史をもつメルスモン製薬株式会社が製造から販売しています。

メルスモンもラエンネックと同様、メルスモン製薬しか製造を許可されていません。

塩酸加水分解法をつかっていて、塩素分解したあとに、高熱を加え分解をしてプラセンタエキスを抽出する方法になります。

この方法だと、有効成分が破壊されてしまう可能性があるのが、デメリットになります。

ラエンネックとメルスモンどっちを受ければいい?

美容注射
ではラエンネックとメルスモンはどちらを受ければいいでしょうか?

私が考えるに、ラエンネックのほうが有効成分もしっかり配合されているので、おすすめです。

しかし実際には受ける方がなにを改善したいかによって変わります。

例えば、しわやしみ、美容目的で受けたいというかたは、肌の細胞分裂を促進させ、血行促進をしてくれる成長因子がしっかり配合されているラエンネックを受けるこを推進しているクリニックが多いです。

そして、更年期障害といった治療目的の場合は、メルスモンが使われるそうです。

ですが、メルスモンとラエンネック両方を打つクリニックもあるそうです。

カウンセリングの際にどちらがいいのか医師としっかり相談しましょう!

ですが個人的にはプラセンタの抽出方法をみてもラエンネックのほうが効果があると思います!!!

プラセンタ注射の頻度は?

注射の頻度
ではプラセンタ注射はどのくらいの頻度で打つのでしょうか?

実はプラセンタ注射は目的別によってどのくらいの頻度で受けていくのかが違います。

  1. 美容目的の場合・・・週に2回~3回
  2. 更年期障害などの治療・・・週に2回~3回
  3. 疲労回復目的・・・週に1回~2回

このようになっています。

ですがこれはあくまでも最初の1ヶ月のみとなっています。

2ヶ月目からは自分の体の状態と相談しながら打つ感覚を決めていきます。

多くの人は2ヶ月目から2週間に1度くらいの頻度でOKだそうです。

最初の1ヶ月がとにかく大変なんですよね。

1回うつとどのくらい効果が持続する?

ではプラセンタ注射を1回うつと効果はどれくらい持続するのでしょうか?

初めのうちは1回打つと効果は2~3日ほどしか続かないので、2日~3日後に打っていくのが理想的です。

上でも書きましたが、最初の1ヶ月が勝負ですよ♡

打つ頻度が多いと副作用がおこる!?

副作用
プラセンタ注射の頻度が多いと副作用が起こるといわれています。

回数を打てば効果が劇的に改善されるわけではありません。

定期的に注射を打ち続けることで、効果を持続できるんです。

打つ回数が多いと、プラセンタの自立神経の乱れを整える作用から、腸の蠕動運動が活発になり、大腸で水分の吸収がしっかり行われずに下痢になるという副作用が起こるんです。

また同時に胃痛も併発することがあるので、打ちすぎはおすすめしません。

治療方針はカウンセリング時に医師としっかり相談してきめられるので、その治療方針に従いましょう。

さらに、最初にうったときそのような症状が出る場合もあります。

実はこれ、副作用ではなく体にいい効果が起きているという好転反応というのですが、やはり下痢はつらいですよね。

そんな時はプラセンタの量を減らしてもらうようにしましょう。

まとめ

プラセンタ美容注射まとめ
いかがでしたか?

今回はプラセンタ注射の頻度についてみてきました!

さいごはこの記事のまとめです。

  1. プラセンタ注射はラエンネックとメルスモンの2種類がある
  2. メルスモンよりラエンネックのほうが、有効成分がしっかり抽出されているので効果は高いが、目的別によって使い分けられる
  3. 最初の1ヶ月は2~3日に1本とかなりの本数をうつことになるが、2ヵ月目からは本数が減る
  4. プラセンタ注射は回数を多く打てば打つほど効果があるというわけではない、下痢など症状がでたら薬剤を減らすことを相談する
  5. 必ず医師の治療方針にしたがう

以上5つが今回の記事のまとめになります。

プラセンタ注射は近年女性の間で注目されていて、注射を受けている方も多いです。

受けるまえの知識としてこの記事を読んでくれればうれしいです!

関連記事をもっと見る